幸福の科学 Happy Science  幸福実現党 大川隆法著目次検索 紹介サイト(在家信者制作2017.8.7再開)


幸福の科学 映画
「さらば青春、
されど青春。」
公式
さらば青春、されど青春。チラシ表
幸福の科学大川隆法著作
芸能
スポーツ
著名人
経営
日本神道
天皇家
UFO・宇宙人
未知・悪霊
天変地異
宗教
政治
北朝鮮

幸福の科学グループ 月刊誌 機関紙 雑誌支部で出来る祈願
幸福の科学YouTube動画リンク
御法話・講演会
幸福実現党
トランプチャンネル



心が変われば運命も変わる

心の指針ルーレット

2005年1月から月刊「幸福の科学」に
掲載が始まった「心の指針」
仏法真理をいろいろなテーマで、わかりやすく詩的につづり、
悟りの向上や幸福への道しるべとして学べます。
今までの心の指針をランダムで1つを表示します。
毎日の気づきのお役に立てればと思います。(在)


与える愛、慈悲の心、許しの心、信じる心、明るい心
自助努力、美しさ、豊かさ、優しさ
正義、勇敢、勇気、反省、智慧・・・

< 天国 >
心の指針ルーレット
< 地獄 >

奪う愛、嫉妬心、猜疑心、恐怖心、欲、慢心
怠惰、憎しみ、恨み、怒り、被害妄想、取越苦労
責任転嫁、自己中心、無神論、唯物論、自殺・・・


人には「永遠の生命」があり、死後には「天国」と「地獄」がある。
「神仏」はおられ、「悪霊・悪魔」も存在する。
あの世の善悪は、目に見えない「心・思い」で決まる。
「縁起の理法」、「原因結果の法則」として
「正しい努力」の結果は、「転生輪廻」の中で、必ず報われる。
悪しき思いと行動は、必ず裁かれる。

法律の元の神の真理によって、善悪は判断される。
自殺しても楽にはならない。
正しい宗教でなければ真実は学べない。(在)


書籍目次検索詳細追加中
28520
更新2/24
幸福の科学 大川隆法 心の指針
2018.3-159
仕事のコツ
教え幸福の科学の歩み幸福の科学の歩み

歴史年表


芸能
プロダクション


大川隆法総裁
大川隆法総裁御法話一覧
最新法話・霊言
公開情報公式


幸福の科学サイト公式
大川隆法サイト公式
幸福の科学出版公式
ザ・リバティ

リバティWeb

アーユーハッピー?

幸福実現党幸福実現党 釈量子


幸福を体験した人々の話
体験談サイト


自殺防止サイト
あなたに贈る真理の言葉

いじめは犯罪 いじめから子供を守ろう!ネットワーク
(NPO)
いじめから子供を守ろう!ネットワーク

熊本県の
幸福の科学支部


木下じゅんこ
オフィシャルブログ
(熊本 幸福実現党)



熊本県の放送日
毎週日曜日
6:30-7:00
FM熊本

教育者の条件病を乗り切るミラクルパワー公開霊言 ギリシャ・エジプトの古代神 オフェアリス神の教えとは何か公開霊言 古代インカの王 リエント・アール・クラウドの本心公開霊言 古代インカの王 リエント・アール・クラウドの本心凡事徹底と独身生活・結婚生活ドストエフスキーの霊言人に嫌われる法則小桜姫の新霊界案内

イメージ画像(在)

剣

生誕館2017大晦日
生誕館 2017年大晦日

大川隆法総裁御法話

今までの御法話一覧

2018年2月18日~ラ・ムーの本心

誰も描けなかった青春と恋のストーリー。【特報】映画「さらば青春、されど青春。」

最新刊書籍のご紹介(目次と一部抜粋です。)

病を乗り切るミラクルパワー

まえがき 人間の悩みの中で、「病」の持つ比重は実に大きい。健康であればこそ、地位や名誉、権力への欲も増大してくるが、病の時には、痛みや苦しみ、金銭的心労や、家族や社会にかける迷惑というマイナス思考、ネガティブ思考の虜になってしまう。未来への希望も小さなものになる。自由に歩き回ったり、自力でトイレに行ったり、もう一度、湯舟につかりたい、などのささやかすぎることが心の大半を占めてしまう。元·一流大卒のエリートだったり、元·スポーツマンであったりすればするほど落差の大きさに悩むだろう。ワーク·ライフ·バランスにおける中道が必要である。また人は、苦しみや悲しみを通して「優しさ」の大切さに気づくという真理に目覚めるべきだろう。「病」と「老い」について深く考えることも、中年以降の人たちにとっては大切な仕事であると悟ろう。

第1章 病を乗り切るミラクルパワー
1 「心の力」「霊界の働き」と「奇跡」との関係
2 病気を予防する心と習慣をつくるには
 「病は気から」と考えるだけではなく、食生活等にも配慮を
 病気の予防には「強い意志」や「向上心」が要る
 大病をすると人生観が変わる理由
 水分の摂りすぎによって起こる「水毒」は”社長病”
 「極端な医学的提唱」には気をつけたほうがよい
 四十代後半で大病をした私の「その後の食生活」
 「水を大量に飲むこと」や「糖質制限」によるダイエットの問題点
 仏教は完全な菜食というわけではない
 谷口雅春氏の説く「菜食主義」には必ずしも乗り切れない
3 回復期や予後において必要な考え方
 病気の回復期には少しずつ体を動かし、元に戻していく
 「減点主義で考える医者」の”心配性”に注意する
 「神仏のお役に立ちたい」と思い、よい生活習慣をつくる
 病気が治らない場合にも、「神仏の計らい」を感じ取る
 病気を契機にして、自分の人生を見つめ直してみる
4 病気に対する「霊的なもの」の影響
 「生霊」が来て病気の原因となることもある
 憑依霊は「宗教的信条」と「光のパワー」で取り除ける
 病気を苦にして自殺したら、簡単には成仏できない
 悪霊の憑依は「波長同通の法則」によって起こる
 「真理の墓『正心法語』」のCDをかけると、悪霊は離れる
 根本的解決のためには「明るい心を持つこと」が大事
 唯物論波動の強い病院では奇跡が起きにくい
5 「体と心の傾向性」は病気の原因にもなる
 「極端な傾向」がある人は、その部分を直す努力をせよ
 自分の仕事のやり方を固め、他の人に仕事を下ろしていく
 「仕事を抱え込む」のは役人の”基本姿勢”
6 この「ミラクルパワー」で病を乗り切ろう
 「祈り」には病気の治癒率を高める効果がある
 科学者の目の前で起きた「ルルドの奇跡」
 幸福の科学が大きくなると、ミラクルパワーが増進してくる
第2章 病気に関するQ&A
Q1 身内の介護問題を乗り越えるには
 平均寿命が延び 長期の介護が必要になってきた
 国や地方が老後の面倒を見ることには、限界が来つつある
 「介護を受けている人の自殺」が増える恐れもある
 健康で長生きした本多静六に見る「独立自尊」の精神
 ”愛不足症”で寝たきりになる場合もある
 よき人間関係をつくり、相互に助け合おう
 宗教心を高め、人と人との触れ合いを大事にしていく
 介護士に頼ろうとだけするのは共産主義的な考え方に近い
 家族や親族の成功者にも「騎士道精神」を発揮してもらう
 「連帯責任」には、誰も責任を取らない「無責任」の面もある
 足ることを知り、「惜福」「分福」「植福」を心掛ける
 小説家の伯母が私に対して実践していた「植福」
Q2 ある「統合失調症」の青年との対話
 医者は薬で”信者”をつくることがある
 自分の行為の記憶がない場合は、魂が遊離している
 真理知識等で自分をしっかり持ち、悪霊の影響から身を護る
 統合失調症は通常、「霊的な影響」によるもの
 「少しずつ、よくなる」と言い聞かせ、自己暗示をかける
Q3 認知症の対処法について
 認知症は魂ではなく肉体の傷み
 年を取ってもボケないための三つの秘訣
 ・原則は健康管理
 ・新しい情報に接する
 ・気を若くする
 「ペットの世話」は若返りの方法の1つ
 小学生は、同じことを繰り返し学んで覚えていく
 「新しいもの」をつくるために「古いもの」捨てる
 日々のニュースなどに対しては「選択的記憶」を使う
 不幸な記憶は”蒸発”させ、幸福な記憶を反芻する
 内容のよくない本は最後まで読まなくてもよい
 現代においては「情報の選択」が重要


公開霊言 ギリシャ・エジプトの古代神 オフェアリス神の教えとは何か

まえがき まことに興味深い霊言あるいは神示である。
本書を読めば、「神」の誕生の秘密がよく分かる。現代では、ほぼ忘れられているギリシアの「オフェアリス」という名の神は、古代エジプトの「オシリス」神と同一の方であることが、はっきりと示された。
またオフェアリス(オシリス)の復活信仰が、イエス·キリストの復活信仰の伏線、補助線となっていることもはっきりした。
現代では一神教として、他を排撃し合っている民族宗教の底の浅さが明確に指摘されたともいえるだろう。
大体、宗教が民族を分け、国を分け、言語を分けてきたと思われる。
だが私たちは、今、もう一段大きな世界神、至高神の復活が望まれている時代に生きていることに気づくべきだろう。

1 古代のギリシャ·エジプトの神、オフェアリス神
 歴史的文献には見当たらない謎の存在、オフェアリス神
 エジプトの「オシリス神」は「オフェアリス神」と同一人物か
 二度の復活を遂げたと伝えられる「オシリス神話」
 「イエスの復活にも影響を与えたオシリスの復活信仰
 映画「X-MEN」は「オシリス神の復活」を下敷きにしている?
 「オフェアリス神の教え」を中心に霊査を試みる
2 七千年前のギリシャ、エジプト文明の様子
 幸福の科学の映画での描写に”苦言”を呈するオフェアリス神
 火山爆発によって一度は滅びた「クレタ文明」
 オフェアリス神が支配していた地域とは
 ギリシャとエジプトが世界の中心だった時代
3 「復活」と「全智全能」への信仰の源流
 オフェアリス神の時代にあった「復活信仰」
 今文明のなかではっきりと「全智全能信仰」を打ち立てた
4 「太陽信仰」のルーツ
 オフェアリス神と大日孁貴神との関係
 「ラー」が意味するものとは
5 オフェアリス神の「魔法」の威力
 「この世的な武力」と「霊的な呪力」が併存できる時代だった
 「モーセの奇跡」はオフェアリス神の二番煎じ?
 弟セトは敵側から操られていた?
 「オシリスの復活」とは、どのような現象だったのか
 「北斗七星」系の宇宙人妄流していた
6 信仰と奇跡と魔法
 神の代理人としての指導者の正義と徳
 権力と霊能力を備え、智慧を伴う「善悪」を説いていた
 「神の愛する人」はどんな人か
 「吾れは在りて在るもの」という啓示をモーセに与えた理由
 オフェアリス神から見た「モーセ像」
 アニメ映画で描かれた「自分の姿」の描き直しを願う
 オフェアリス神から見た「現代教育」の問題点
 どうすれば、現代人は「魔法の力」を発揮できるのか
 「この山動きて海に入れ」とは、小さな話!?
7 オフェアリス神の「健康倍増パワー」
 「私(オフェアリス)を信じるだけで健康は保証される」
 「体を再生する能力がある」と強く信じる
 「代償の法則」の下では、「信仰」のほかに「努力」も要る
 「人間性の解放」は繰り返し起きており
 「女性の時代」は昔にもあった
8 「創造の神」の「物質化現象」―その秘密とは
 イマジネーションが念力に変わり、それが物質化してくる
 「霊子」が四個以上くっついて動きを止めると「素粒子」になる
 西洋とは違い、日本の幽霊には足がない理由
 今、オフェアリス神は幸福の科学以外を指導していない
9 魔法の「白」と「黒」を分けるもの
 芸術に関しては、釈尊や孔子の教えだけでは足りない?
 「ディズニーの魔法には、白魔術も黒魔術も両方入っている」
 空海は「ヘルメスの弟子」とも言える
 当時、ギリシャに生まれた理由は「世界の中心」だったから
 シュメールの「天空神アヌ」との関係について
 「あの世はどんなものでも存在する、いいところ」
 大事な人が死んだら呼びなさい。「復活の力」を与えよう
 オフェアリス神が”復活”すれば、「魔法の時代」が来る
 現代は魔法の力が効かない「狂った世の中」になっている
 ”パソコン”ばかりの人は、あの世でのリハビリが難しい
 魂修行の目から見て、現代人は生き方を改める必要がある
10 現代では、本来見えるものが見えなくなっている


公開霊言 古代インカの王 リエント・アール・クラウドの本心

まえがき なにしろ「はるかなる」話である。時間としても、七千年もさかのぼる。空間としては、宇宙のかなたまでつながっていく。
そして、古代インカの王だったという大霊が、パラレル·ワールドを語り、”グーグル教”や”マイクロソフト教”が、現代文明を滅ぼす危機にまで言及するのだから。
単純に信じろという方が無理かもしれない。
しかし、本書で語られている内容は、一九八一年三月に私が大悟してから三十七年間変わらずに伝えられてくる”真理”なのである。現在ただ今の人間には、非現実に感じられるからこそ、本物の霊言ともいえるかもしれない。
過去を知ることが未来を知ることにつながり、未来を知ることが過去を知ることになる。こうした『循環宇宙論』が、あなたの前に展開されていくことだろう。

1 宇宙への“神秘の鍵”を持っている古代インカの王
 資料が少ない古代インカの王「リエント·アール·クラウド」
 古代文明の王の考え方や思想を探る
2 七千年前の古代インカ文明とは
 アトランティス文明の後継者だった古代インカ文明
 密林に埋もれた古代インカ文明の歴史とは
 なぜ高い所に文明を築いていったのか
3 クラウド王の「人物」と「教え」
 王家の先祖は、アトランティスから逃れてきた「高級貴族兼神官」
 アトランティス譲りの「秘伝」を持っていたクラウド王
 「天空から来る宇宙人」について判定する神官のような役割
 アニミズムに近いものだった土着の信仰
 「魂を高めるにはどうすべきか」という教えを説いた
 宇宙とも交流しつつ出来上がっていった特異な文明
 三分裂して引き継がれていったアトランティス文明
4 クラウド王の時代の「信仰」と「修行」
 修行①-「瞑想」や「祈り」を通して心を透明化する
 修行②-もう一段高い霊界の次元に参入する
 部族や信仰の違いで起こる戦い
5 「エル・カンターレ」とはどのような存在か
 クラウド王は「宇宙の法門」にかかわっている
 預言者もエル·カンターレのすべてを表すことはできなかった
 「至高神」の存在を信じ、認識し、その教えを信奉すること
6 AIが“神”とされる時代が来る
 人工知能が出てきて”機械信仰”が強くなってくる?
 コンピュータ文明のなかでの「正邪·善悪」の判断
7 宇宙と交流する時代に必要な「正しさの基準」とは
 国々の争いに介入して契約を結ぶ宇宙人が出てくる
 今後数十年で「地球で起きること」、「心を正す教え」の大切さ
8 「時間の循環」と「パラレルワールド」の秘密
 宇宙の全体の仕組みを知っている存在とは
 宇宙交流時代のクラウド王の役割とは
 「エル·カンターレの法」の確立と、今という時代の意味
9 これから予測される未来、そして人類の選択は?
 今、”グーグル教”や”マイクロソフト教が立ち上がっている
 マスコミに操作されている日本の民主主義政治
 巨大マスコミによる僭主政治
 「一神教のイスラム国家」と「唯物論の中国」の帰趨が大きな指標に
 「文明の消滅」に瀕し、人類は神の名を呼ぶしかなくなる?


信仰の法
信仰の法
2017年12月04日発刊
幸福の科学出版 2000円+税
大川隆法著

まえがき  本書が、あなた方を創りし神の言葉である。 太古のアフリカや中東やインドの神であり、旧約聖書、新約聖書、コーランに出現する神の言葉である。また、中国五千年の歴史の天帝であり、日本神道の古事記以前の神であり、北欧では、マイティ・ソー(トール)やロキの父であるオーディンという神の言葉である。また北米、南米の神でもある。 様々な民族神や多様な神々の上にあって、唯一の至高神であった存在。それは、ある時は、「アルファ」と呼ばれ、「エローヒム」として知られ、現在、「エル・カンターレ」という名で知られている、最高の地球神のことである。 日本人よ、態度を改めるがよい。全世界の人々よ、最後にして、最大の救世主の登場を福音として受け容れるがよい。

第1章 信じる力
    ──人生と世界の新しい現実を創り出す
第2章 愛から始まる
    ──「人生の問題集」を解き、「人生学のプロ」になる
第3章 未来への扉
    ──人生三万日を世界のために使って生きる
第4章 「日本発世界宗教」が地球を救う
    ──この星から紛争をなくすための国造りを
第5章 地球神への信仰とは何か
    ──新しい地球創世記の時代を生きる
第6章 人類の選択
    ──地球神の下に自由と民主主義を掲げ

目次の詳細内容



使用している「幸福の科学」書籍画像等について
「Copyright幸福の科学出版株式会社」又は「Copyright宗教法人幸福の科学」


累計  本日  昨日